• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジプシー・ダンス 『Forever In Your Eyes』Jessica Simpson



「ジプシー」といえば
ステキなお姉さん!(^皿^)
ミステリアスな魅力!┗(^皿^)┛
何より自由!\(^皿^)/

という印象が強いです(俺認識

ですが、実情はとても痛ましいものです。
狩猟で得た毛皮や、様々な土地で得られる物を売り、
芸を売り、歌を売り、
その珍しい品の数々は確かに人々を魅了しました。
しかしジプシーを招き入れる街や人々は、それ以上のものを彼らに求めません。
「すてきな一夜をありがとう。また来年も来ておくれ」
──それは、心が漏らした拒絶の音。

奴隷じゃないけど、友人でもない。
自由だけど、どこにも居場所がない。
それでも強く生きるジプシーの魅力とは?


今夜はジプシーの芸人旅団を描きます。



『Forever In Your Eyes』Jessica Simpson
アルバム「Irresistible」より

症状/荒野 過酷な旅 誇り 情熱 決意
成分/女性ヴォーカル コーラス クラシックギター バンド
分量/ミディアム(スピード) シンプルなリズム

イメージテキスト/
人は私たちを「根なし草」と呼ぶ
故郷を持たぬ卑しい異人、と
あなたの目にも、私たちはそんな風に映っているの?
フフ。別にそれでもかまわない
あなたはあなた、私は私
あなたの知らない私たちを見せてあげる

歌え、我が子らよ
歌は私たちの故郷
一字一句をたがわず後世に伝えよ

踊れ、我が娘たちよ
舞いは私たちの生きる証
その妙技を世界に刻め

奏でよ、我が友よ
弦(ツル)は私たちの軌跡
たゆまぬ旋律は先人たちへの畏敬のしるし

今宵も舞おう
口を閉ざし、魂で歌え
観衆を魅了し、その心に我らを刻め

それこそが我らの誇り
それこそが私たちの生命

さあ皆、私に一曲ちょうだい
全身全霊で舞ってみせるから



※上記は歌詞ではありません。あくまでイメージテキストです。


YouTube様より転載


国内盤

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。


輸入盤(日本語パンフレットは付属しません)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
ジプシー──
語源は「エジプシャン」。エジプトから来た者という意味でした。
主にヨーロッパに生活拠点を置く移動民族、流浪の民を指して言います。ですが、故郷を追われてやむなく放浪を強いられた民族や他人種の旅団なども「ジプシー」とあだ名されるようになり、ジプシー=「得体の知れぬ旅団」という侮蔑や、皮肉めいた認識があったことも事実です。

イメージテキスト──
今回はジプシーの旅芸人の旅団にスポットを当てました。
主人公はダンサーで一番人気のお姉さんでございます。彼女の誇りは舞踏、そして「ジプシーの血」そのもの。巫女のように純粋に、その踊りを歌へ捧げます。
イメージテキスト内で謳われる文句は旅団内で語り継がれてきた、戒めと賛美の歌です。文句『今宵も舞おう。口を閉ざし、魂で歌え。観衆を魅了し、その心に我らを刻め』は、彼らの芸者魂の象徴。「形なき誇りを訴えても届かない。持てる技と魂でその存在を示せ」という意味がこめられています。



当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_

僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。