• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣の舞 『Me Against The Music -R.R's D.K. Mix-』Britney Spears

アーティストはブリトニー・スピアーズですが……
まさかの大物が共演しています。
マドンナです。
ギャングもチビるマドンナ姉さんでございます!
うほおお!\(^皿^)/

残念ですが、こちらのミックスヴァージョンにプロモーションビデオは存在しません。
が! しかし!

オリジナルの『Me Against The Music』にはちゃんとプロモーションビデオが制作されております。
で! 見ました!

マドンナのPVを見たことがある方に申し上げます。
今回も姉さんが爆裂しておりました。
ウヒャアア!((((;゚д゚))
なダンスを見せてくれてます。

美しき姫ブリトニー・スピアーズと麗しき女帝マドンナの奇跡の共演。
お楽しみあそばせ!

『Me Against The Music -Rishi Rich's Desi Kulcha Mix-』Britney Spears
アルバム「In The Zone」より

症状/和風 一騎当千 俊足 戦いのリズム
成分/女性ヴォーカル コーラス 三味線 クラリネット 鈴 ドラム シンセサイザー
分量/ファスト(スピード) 躍動的

イメージテキスト/
女剣士は刀を抜き、一歩踏み出す。
対する敵は多勢の武士。その一人ひとりが太刀を構え、一様に嘲笑を浮かべていた。
こいつらもか。女剣士は眉をひそめる。

皆は私を「女」と笑う
女に剣士は務まらぬ、と

男だったらどうだというのか
あんな雑な太刀筋で、野太い奇声を張り上げるばかりだ
まったく、見苦しいことこの上ない
さらに知恵も無いくせに自分の名前をかざすことだけは一人前
バカばかりだ

女剣士は鼻で笑った。

私は名乗らぬ
我が魔爪(マソウ)をその身に刻め
そして知るがいい

誰を敵に回したのかを





YouTube様より転載
最初に記載しましたが、ミックスヴァージョンに公式PVはありません。こちらは一般の製作者様が、オリジナルヴァージョンのPVを独自に編集したミュージックビデオになります。


国内盤

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。


輸入盤(日本語パンフレットは付属しません)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。




今日のネタバレ(^皿^)
イメージテキスト──
劇中の女剣士は秘剣「魔爪」の使い手。クールだけど、怒らせると怖いお姉さんでございます。

魔爪(マソウ)──
曲中のBパート(2番)が始まってすぐの「My Soul~」というフレーズが空耳で「マソウ」と聞こえるので、思いつきで剣術名に当てはめてみました。


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。