• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度だけ 『Never Meant To Belong』

実はかな~り遅咲きのブリーチファンの僕。
そのきっかけとも呼べる、ピンク色の心を持っていかれた至極の一曲です(^皿^)

仲間であるルキアを死刑から救うため、敵陣へ乗り込んだイチゴ(カタカナだと響き悪ィ_(_^_)_)、そしてこれを阻止すべく相対するレンジ(こっちも響き悪ィ_(_^_)_)。激闘の末に惨敗したレンジは負けてもなお立ち上がり、イチゴの胸座に掴み掛かりました。
血まみれのレンジは毒づきます。イチゴへの憎しみ、そして自分への叱咤。
そこで吐露されたのは自らの弱さでした。
幼馴染のルキアを救いたい、という強い願い。しかし自身の力量では到底かなわないという悲しい事実。
胸座を掴んだ手をそのままに、レンジは泣き崩れます。
「恥を承知でおまえに頼む……ルキアを救い出してやってくれ!」
列強の中で苦悩する彼にとって、宿敵に見せる涙は屈辱以外の何でもありません。痛々しくも切ないシーンでした。

……と、そのシーンで使われたのがこの曲です。
ピアノの伴奏を背に、スウッと浮き上がるヴァイオリンの音色がたまらなく切ない。ヴァイオリンは悲しみと無力さを語り、やがて抑えきれなくなっていく感情の奔流と痛烈な願いを、心の琴線が切れてしまいそうなギリギリのラインで細く、高らかに奏でます。


『Never Meant To Belong』BGM
アルバム「TV Animation BLEACH Original Soundtrack 1」より

症状/悲愴感 心の崩壊 届かない想い 沈みゆく夕日
成分/ヴァイオリン ピアノ シンセサイザー
分量/シンプル スロー(スピード) 序盤ピアノ 中盤からヴァイオリン 終盤ハイライト

イメージテキスト/
解っていた。自分には致命的に足りないものがあると。
判っていた。どう足掻いたって届かない世界なんだと。
それでも俺は諦めきれなかった。
あいつの、あのあったかい笑顔を知ってしまったから。
俺はがむしゃらに走った。
体なんかぶっ壊れてもいいと本気で思った。
どんな汚い手を使ってでも絶対に這い上がってやる。そう誓ったんだ。
雑魚と罵られても、負け犬と吐き捨てられても、今までずっと耐えることができた。
いつかみたいに「元気を出して」と言って笑うあいつに会えるなら。そう信じていたから。

涙。

俺の足をよこせと言うならくれてやる。それでも足りねえなら両腕もくれてやる。
側に居させてくれとは言わねぇ。俺を想ってほしいとは言わねぇ。
もう一度──あと一度だけでいい。あいつに──。
俺は……!




YouTube様より転載


国内盤(オリジナル)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
『Never Meant To Belong』──
アニメのBGMでありながら、この曲は多方面で絶大な支持を受けています。
YouTubeでは様々なアーティスト(プロフェッショナル、アマチュア問わず)の方々が演奏に挑戦しているので、ぜひ一度チェックしてくださいまし(^-^)

イメージテキスト──
音楽には、タイアップ作品と天性の相性をもつものが多々あります。
この曲はこのシーンのために生み出された。
この曲はこのメッセージを痛いほどにまっすぐ表現している。
……といったものです。
当曲はまさしくその一つだと感じました。よって、曲が訴えてくるものをそのままイメージテキストに反映させております。
テキスト内容と実際のシーン内容が似ていますが、BLEACH劇中のレンジの心境に基づくものではありません。これからBLEACHを読まれる方は誤解の無きようお願いいたします。レンジはもっと純情で正々堂々としたツンデレ青年でございます!(こっちの方が誤解を招きそう?)

BLEACH──
僕はテレビアニメ版のソウルソサエティのイチゴ対レンジ戦から、ウェコムンドのイチゴ対グリムジョー戦決着まで見ました。コミック版は読んでいません。網羅したわけではないので詳細は割愛させていただきます。
僕的キャラクターランキングは1位グリムジョー、2位ホロウ化イチゴ、3位イッカク、4位ケンパチ、5位ランギク姉さん、6位ワンコ面隊長の次席のダイビング土下座ヤクザ(名前がわかりません)です。


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。