• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩壊した世界で 『Walk This Earth Alone』Lauren Christy

直感にまかせて執筆していると、感覚的なゲシュタルト崩壊を味わうことがあります。
常識や理屈が何だか可笑しいものに見えてきて、矛盾だらけのストーリーとありえない言葉が悠然とのたくり、混沌とした文章が、さも当たり前のように舞い降りてくるんです。
そして──
皆様も経験ありますよね?
目の前にある常識が崩壊したことによって、
自分がそれらを支配したような気分になってしまう、あの感覚を。

だからといって当曲のタイトルを
「ぶらり地球を一人旅」
などと俺翻訳(オレホンヤク)してしまった僕はどこへ行こうとしているのでしょうか(大火傷)
ハズレではないんでしょうが……罪悪感しきりでございますorz



『Walk This Earth Alone』Lauren Christy
「大いなる遺産オリジナルサウンドトラック(Great Expectations OST)」より

症状/神に見放された大地 過酷な旅 赤い土 吹きすさぶ風 重い足取り 希望の祈り 苦難
成分/女性ヴォーカル ロック コーラス(性別不明) 渇いた風の音(擬音)
分量/重いミディアム(スピード) 断続的なリズム サビでハイライト

イメージテキスト/
赤い大地、猛威を振るう風。
昼と夜がないまぜになった空。
街は荒野の下に埋もれ、自分がどこを歩いているのかさえ分からない。
誰が大地をこんなにしてしまったんだ。
これじゃあまるで世界の果てじゃないか。
この旅はぼくに科せられた贖罪なのだろうか。
「いつか報われる」
その意味を信じていても、この歩みはどんどん重くなっている。
「いつか朝は訪れ、いつか大地はよみがえるから」
君の言葉を信じていても、この世界に希望なんか見出せない。

風の中に懐かしい人々の声を聞いた気がした。
それに混じって、君の歌を聞いた気がした。
ぼくはマントを開け放ち、空を仰ぐ。
そして声のかぎりに叫んだ。

神よ!
ぼくたち人間がいったい何をしたというんだ。
あとどれだけ歩けば朝をくれる?
あとどれだけ苦しめば緑の大地を見せてくれる!
……何もしてくれなくていい。奇跡なんかを期待してるわけじゃない。
ただ教えてほしいだけなんだ。
答えてくれ──神よ!

ぼくはこぶしを大地に叩きつけてうずくまる。
涙が止まらない。よだれを垂らし、鼻水をしたたらせ、子供みたいに泣き叫ぶ自分がいた。
みっともない。そう分かっていても止まらなかった。
止める理由もなかった。
いっそ、このまま獣みたいに泣き叫んでいようか。
理性も自我もかなぐり捨てて、この世界みたいに荒れ狂ってやろうか。
風の中の君といっしょに世界の終わりを謳歌するのも悪くない。

だけど──

ぼくは阿呆みたいに笑いながら立ち上がる。
埃まみれの袖で顔をぬぐい、マントのすそをかきこむ。
そして再び歩き始めた。

風の中に聞いた君の歌が、祈りの声に聞こえたから。




YouTube様より転載


国内盤
Amazon様では売り切れになっております_(_^_)_


輸入盤(日本語パンフレットは付属しません)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。




今日のネタバレ(^皿^)
ゲシュタルト崩壊──
文字などをじっと見つめていると、その姿かたちが無意味なものに見えてくる現象。

イメージテキスト──
限りなく絶望に等しい状況の中、主人公は再び立ち上がります。
彼が幻聴の中で拾った「君」の祈りの言葉──
それはどんなものだったのでしょうか。


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。