• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪女の片想い 『Fallen』Mya

マイアのこの曲を聞いたとき、はじめて
音楽に恋をする
という感覚を知りました。

聴いているだけで胸の奥がギュゥ……と締め付けられる感覚──それから高みへ連れていかれるような錯覚。
だけど手で触れることはできない。
「ストップ」を押してしまった瞬間にすべてが消えてしまう。
そのもどかしさ。
愛おしさ。

幽体離脱じゃねぇですぜ。ええ、決して。

マイアの透きとおった歌声がいざなう恋の世界。
大音量でお聞きになることをオススメします(^皿^)



『Fallen』Mya
アルバム「Moodring」より

症状/雪夜 切ない想い 浮遊 高揚
成分/女性ヴォーカル コーラス 弦楽器 ドラム シンセサイザー
分量/ミディアム・ファスト(スピード) 静か 淡々としたリズム 流麗 終盤で最高潮

イメージテキスト/
地表に舞い降りる雪たち
静かで激しい深夜の流星雨
わずかな風が横切るだけで、その軌道は右へ左へ舞い踊る

オレンジ色の街灯の下、見上げた空はどんどん私に近づき
地面はどんどん私の足元から離れてゆく感覚──

これだけの神秘を見つけることができるのに
私はたくさんの奇跡に包まれているというのに
あなたとの距離はいまだ遠いまま

イメージはもうあなたの指とつながっているというのに
どうして私はまだこんなところに居るんだろう

心を空のかなたへ
想いは雪の空をつらぬいて、はるかな高みへ
静かな風を呼び
絹のようにやさしい雪をまとい
心のままに肢体を舞わす
あなたの上に、この美しい夜が降りそそぐように

胸の奥の何かが縮んで消えてしまいそう
その前にあなたに届けたい
この声を
この想いを





YouTube様より転載


国内盤

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。

輸入盤(日本語パンフレット、特典は付属しません)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。


すでにマイアの『フォールン』に片想いしちゃってる方々に朗報です!
日本国内外で活動しているDJ.Kaoriもこの曲を起用しているのですが、このDJ.Kaoriリミックス版ではマイア自身が全面的に協力。書き下ろしオリジナル歌詞が挿入されています!(二番(Bパート)終了後、ヴァイオリンが参入する間奏部分のあたり)
オリジナルに忠実なリミックスであることも魅力で、個人的にこちらもオススメです。
僕ですか? ああ買ったさ! 原曲持ってるのに買ったぜ!(爆)
……「バ○」っていうな。あんまりこっち見んな。



今日のネタバレ(^皿^)
『Fallen』Mya──
当曲には様々なヴァージョンが存在しますのでお気をつけください。

イメージテキスト──
このイメージテキストに登場する雪女は、古風な和服美人ではなく、コートやブーツを身につけた近代風の雪女です。
「壊してでも相手を手に入れたい」という情熱ではなく、「大事に想っているからこそ触れられない」というジレンマとやさしさを描いてみました。
相手は人間。自分は雪女。もうすぐ冬が終わろうとしている時期、季節をくつがえすほどの力を持っているのに、彼女はそれを甘んじて受け入れようとしています。
さて、それはなぜでしょう?


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_



僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。