• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都の白雪 『Snow White』BoA

苦しみました。
ものごっつ苦しみました(弱)

今回ご紹介する曲がもたらしたイメージ(脳内の映像)は、映画の予告映像やプロモーションムービーのような映像叙事詩的なものだったからです。
皆様もありますよね? 確たるストーリーはできていないのに、様々なシーン映像が組み合わされたハイライト特集だけできちゃった。みたいな──
アレです。アレ(失礼)

今回は、その中から無理やりワンシーンをくり抜き、感覚的な構成で文章化してみました。
読解しようとせず、曲とイメージに身を任せてお楽しみください(^皿^)


『Snow White』BoA
マキシシングル「Listen To My Heart」より。

症状/和 剣士たちの群像 白雪 静寂 終わらない戦い 静かな決意
成分/女性ヴォーカル シンセサイザー(琴、その他弦楽器) アコースティックギター
分量/スロー(スピード) 和風

イメージテキスト/
都に降る白雪。
やさしく降り積もる真綿はすべての音をその内に抱き、いっさいの静寂を街に敷きつめる。

真っ白な街路にたたずむ剣士A。
朱塗りの橋の中ほど。番傘で面をかくす小柄な剣士B。
暗い寺院の軒下。物憂げな隻眼の大男C。

ある者は復讐を胸に秘め、
ある者は故人の声を探し、
ある者は引き返せぬ覇道を思い、おのれを責める。

おれが討つべきものとは、いったい何なのか。
この先にあるものは、ほんとうに私が求めていたものなのだろうか。
血に汚れたわしを、おまえは迎えてくれるのだろうか。

それぞれの答えは、剣が折れるその瞬間に見えるのかもしれない。
立ちふさがる者すべてを圧し倒した向こうにあるのかもしれない。
あるいは、永遠に得られないのかもしれない。

だが、いま止まればすべてを失う。

時代に抗い、
死活を制し、
剣に生きるのみ。

(フラッシュバック)懐かしい誰かの悲痛な祈りを、雪の中に聞いたような気がした。

激突。
競り合い。
疾駆。

この一振りを頼りに生きてきた。
想いひとつを抱いて、これからも生きてゆくのだろう。
答えを得られるその日まで。




YouTube様より転載


マキシシングル

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
フラッシュバック──
曲中、女性コーラスの「Snow White」が入る瞬間に、どうしても瞬間映像(あるいは瞬間的な回想)を当てはめたかったので、このように表記しました。


マキシシングル──
この曲は現在、上記のマキシシングルにしか収録されていないようです。
アルバム「Miracle」に同曲の韓国語版が収録されているようですが、こちらは単曲の内容が未確認のため、ご紹介から外しております。
興味のある方は、そちらもチェックしてみてくださいね(^.^)

僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。