カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜フェスタ グランド・フィナーレ 『夢桜』

桜フェスタ グランド・フィナーレ
『夢桜』


桜フェスタシリーズは画面左のカテゴリ「未分類」からご覧いただけます。どうぞこちらもチェックしてくださいまし。


最後にお贈りするのはただ一曲です。


この曲はまだリリースされていません。
予定もまだありません。


それは、たった一夜のためにつくられた歌だからです。


夢の一夜の名は──

『吉野山 Sakura AID』


奈良県、吉野山。日本屈指の桜の名所である吉野山の桜はいま、滅びの危機にあります。
木々が菌に侵食され、急激に枯れているのです。
事態を危惧した有志たちの手によって2008年10月、ある企画が吉野山の夜を咲かせました。
吉野山の救済、保護を目的としたチャリティ・コンサート。
それが吉野山さくらエイドです。

そしてコンサートの最後を飾ったのが『夢桜 サクラAID Ver.』です。
ジュスカグランペールの『夢桜』に、
川江美奈子が歌詞を添えたものであります。


『夢桜 サクラAID Ver.』
作曲/ジュスカグランペール
作詞/川江美奈子




YouTube様より転載
製作者xrqsmh568様に敬意をこめて。 OLTORYNDEより



幾千の願い
幾千の夢
受けとって君は生きたの
散りゆくのはその涙なら
声なき声を聞かせて

古の音が
月の雫が
僕がいま抱きしめるから
夢桜 咲いて 時を運ぼう
来る年もここに

君は 君は 生きる道しるべ
世を捨てずに愛をくれた

いつか いつか まだ見ぬ誰かの
一ページに降りそそいで

『夢桜 サクラAID Ver.』より


現在、『夢桜/ジュスカグランペール』(詩なし)はジュスカグランペールのコンサート会場でのCD限定販売、および携帯電話用着うた、iTunesダウンロード販売にて入手が可能です。
ジュスカグランペール公式ホームページ
『ジュスカグランペール』で検索
にて、現在の入手方法を確認することができます。



そしてこの曲に感動した方々、ブロガー、HP管理者の皆様へご注進!
残念なことに『夢桜 サクラAID Ver.』はまだリリースされてねえ!
曲をいろんな所で紹介せよ!
動画をブログで祀れ!
今こそ声を上げるのだ!
悲願、CD化!(-人-)


これにて、
作家の素材屋~心のサプリメント~
桜フェスタ
終了でございます。

皆様、今年の桜シーズンは全般的に寒うございます。
どうぞあたたかい格好で桜見物をお楽しみくださいませ_(_^_)_

間違っても酔っ払って全裸木登りなんてザマ晒しませんように



今日のネタバレ(^皿^)
ジュスカグランペール──
ヴァイオリンとクラシックギターの男性デュオです。テレビ番組『情熱大陸』のメインテーマ演奏などが特に有名です。

川江美奈子──
シンガーソングライター。有名歌手への曲提供も手がけています。『桜色舞うころ/中島美嘉』『夢暦/平原綾香』『Piece/新垣結衣』他。
ジュスカグランペールのお二人と友達の間柄だったこともあり、今回の桜エイドでの『夢桜』共演が実現したそうです。





追記 4月4日──

近日中(4月4日~6日を予定)に
『夢桜~幾千の願い』音楽配信リリース記念 CD化応援プロジェクト
を当ブログにて発案させていただこうと思っています!

具体的な内容は模索中ですが、
「誰でもマウス操作だけでできる応援」
がコンセプトでございます。
ご賛同いただける方は記事公開をお楽しみに!
なお、プロジェクトに関するアイディア、ご助言、賛同コメントを随時募集中です。

みんなで世界、動かしちゃいませんか?(^皿^)














































































































ここからは僕の告白です。よかったら立ち会ってください。

実は、僕のブログによる執筆勉強のスタート、そして作家志望再スタートのきっかけとなったのが『夢桜 サクラAID Ver.』との出会いです。
1月上旬、NHKで深夜に再放送された「サクラよよみがえれ」の中で夢桜を耳にした瞬間、僕は涙が止まりませんでした。
この歌は、9年前に止まってしまった僕の時間をふたたび呼び起こさせ、解きほぐしてくれたからです。
不意のことで録画もできず、ただ後悔と渇望にあえいでばかりでしたが、ついに2月上旬、YouTubeで再会を果たしました。些細なことかもしれませんが、製作者様の動画アップロード日と僕のブログスタート日が同じだったことも驚きでした。

僕は奥歯を噛みしめていなければ、この歌を正面から聞くことができません。
それだけの痛みと、
「悲しみではなく、夢を」という許しを与えてくれるからです。

いま、僕は様々な偶然を目の当たりにしています。
何より夢桜に出会えたこと。
上の動画がYouTubeにアップされたのが1月23日。そして僕のブログがスタートしたのも1月23日だったこと。
そもそも思いつきでスタートした「桜フェスタ」が、
明桜、夜桜、そして夢桜──と、美しい流れを組んでくれたこと。

「それはおまえが無意識のうちに組み上げていたものだ」
と、僕の理性は語ります。
だけど、もし、この偶然が彼女の導きによるものなら?
そんなかすかな希望に胸が焦がれます。

この気持ちを夢桜にのせて、君に贈ります。

いつも僕といっしょに居てくれてありがとう。
もうちょっと待っててね。
君に世界を見せてあげるから。




川江美奈子様
ジュスカグランペール様
この場を借りて心から感謝を申し上げます。
ブログ開設当初から背景はずっと夜桜でした。これからも変えることはありません。
これは僕の始まりを意味するものであると同時に、両者様への敬意の表れでもあります。
本当にありがとうございました。   Bokuclsn



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。