• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カテゴリ
最新記事
プロフィール

bokuclsn

Author:bokuclsn
FC2ブログへようこそ!

薬奏シリーズ
音楽療法にサブリミナル効果を融合。音楽と波の音に加え、耳では聞き取れないサブリミナルメッセージが付加されています。これにより、CDを流すだけで目的別の暗示が潜在意識に直接浸透し、心身を根底から塗り替えることができます。リラックスタイムや作業用BGMにどうぞ。
大事なおしらせ


お久しぶりでございます(^皿^)
…この顔文字を使うのも久しぶりですね。
突然ですが、


当ブログは移転しました。


新しいブログの名は『うたもの!』。
「歌×物語」のコンセプトを継承しつつ完全リニューアル。洋楽のオリジナル和訳や造語歌詞の解読を中心に、さまざまな物語などもご紹介していきます。

これにともない、一部の記事も加筆修正したうえで引越しします。

該当する記事には移転先へのリンクを貼っていますので、ぜひそちらでご覧ください!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚空の王(戦場の空2) 『プライド~嘆きの旅』AKINO



当ブログでは「音楽×小説」をテーマにしております。
イメージテキストの下段にYouTube動画プレイヤーがありますので、こちらを再生しながらお楽しみくださいませ(^皿^)


今回のイメージテキストの主人公(前席パイロット)、実は過去の記事──
 
戦場の空 『Brully』Puddle Of Mudd

の主人公でございます(^皿^)
(上記リンクをクリックすると「戦場の空」記事へジャンプできます)



あれから数年。
主人公は戦績を重ね、今では「撃墜王」とあだ名されるほどに成長しています。
そしてその心は──




『プライド~嘆きの旅』AKINO
マキシシングル「創聖のアクエリオン」より

症状/夕焼け 栄光 はるかな旅路
成分/女性ヴォーカル バンド コンガ ドラム 鉄琴 リコーダー(オカリナ?)
分量/ミディアム(スピード)

イメージテキスト/
夕焼けの雲上を一機の戦闘機が漂っている。
二人の乗員は紅の雲海に沈もうとしている夕陽を、ただ無心で見つめていた。

『前席、見ろよ。今日も夕陽が沈んでいく』
「ああ、そうだな」
『夕陽を見てると思うんだ。ひょっとしたら太陽は二度と戻ってこないんじゃないか、って。今日おれはそれだけの罪を犯したんじゃないか、って』
「始まりは怖いもの。だけど終わりはもっと怖いものだ。だから神は世を去った。あんたに日没を見届ける勇気があるなら、陽はまたのぼる。安心しろ」
『さすが撃墜王は言うことが違うな。おれはそう強くはなれない』
物事の強弱は心ひとつで変わるもの。弱気になるのは何か大事なものを抱えているからだ。
「後席。あんた、家族が?」
『いるよ。女房と息子が二人』
「なら、どうして家族のそばに居ない?」
『自分が前線に立たなきゃ、大事な家族を守れないような気がしてね』
「守る、か。しかし家族を守りたいなら側にいてやるのが定石だろう」
『これでいいのさ。おれにとっちゃ愛する者だけでなく、その生活や風景も含めて全部が家族。女房や息子たちが無事なだけじゃだめだ。その周りに弾丸の一発も転がってちゃいけない。何もかもがいつもどおりで、みんなが笑ってなくちゃいけないんだ。そのためにおれは戦っている』
「なるほど……な」
それがあんたの戦う理由か。キャノピに映る後席パイロットの横顔が雄々しく見える。
前席パイロットは静かに目をそらした。
『しかし、いつになったらこんな戦争おわるんだろうな』
「終わらせるのさ。あんたはそのためにここにいる」
『おまえも、だろう? 撃墜王』
前席パイロットはなにも応えなかった。
その沈黙に重圧を感じた後席パイロットは明らかな違和感を覚えた。小さな歯車が欠けたエンジンのよう。不安とも言う。
『……ひとつ聞いていいか。おまえは何のために戦ってる?』
「俺は──まだ探している途中だ」
キャノピに映る前席パイロットの姿がやけに小さく見えた。
これが撃墜王と称えられる男の背中なのか。その背に秘められた過去を想うと、詮索の言葉や下心は雲海の底へ沈んでいった。
人と語らうに、鳥の言葉は必要ないな。後席パイロットは笑みをこぼした。
『いつか見つかるさ。終わらない旅はない』
かすかに聞こえた優しい溜め息が心をくすぐった。
「……ありがとう」
『帰ろう。我が家へ』
そうだな、相棒。前席パイロットは心の中でつぶやいて、笑みを浮かべた。

機体をゆるやかにロール。機首を4時方向へ。
夕陽に背を向けた銀色の鳥は、今日も静かな帰路についた。




YouTube様より転載


国内盤(オリジナル)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
イメージテキスト──
主人公は今や撃墜王とあだ名される凄腕のパイロット。しかし、彼はまだ答えを見つけられずにいます。

YouTube様より転載──
撃墜王(エース)つながりで「エースコンバット6 MAD」のご紹介です(笑)
イメージテキストを書き終えてから動画を探したのですが、イメージテキストの最後のシーンと動画の最後のシーンが重なっていたので、嬉しさのあまり起用してしまいました(^皿^)



当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


スポンサーサイト

お前のせいなんだから 『Housebound』Christopher Young



今回はサイコサスペンス映画『コピーキャット』から一曲ご紹介です。

普通、サイコサスペンスのBGMといえば──
怖さを助長させる音楽
生理的な嫌悪感をかきたてる音
不協和音
などが主体です。

イメージ的には──そう、
グッチャグチャのドッロドロで何かがカサカサうごめいている暗~い地下道みたいな(ひどく感覚的_(_^_)_)

突発的な衝撃や「これ以上ここにいたら絶対ヤバい」という印象を与えられます。


ところが、コピーキャットのBGMは全体を通して美しい音楽が多いです。
もちろん衝撃的な曲もあるのですが、『Housebound』のようにピアノの旋律を多く起用しているため、
虚無感や物悲しさがただよう「漠然とした不安」のイメージがとても印象的です。

映画の世界に引き込むための音楽というよりは、登場人物の心に焦点をあてた音楽のように感じました。

映画公開当時の僕には、良い意味で異質に思えました。


とはいえ、僕は根本的に怖いの苦手なんだけどねえorz

コピーキャットは、音楽のおかげで観ることができた一本かもしれません(半笑)



『Housebound』Christopher Young
映画サントラ「Copycat(コピーキャット)/Music From The Motion Picture Soundtrack」より

症状/悲しみ 痛み 夜明け 痛いほどの沈黙 不安 心の傷
成分/ピアノ(メイン) オーケストラ(バックグラウンド)
分量/スロー(スピード) 穏やか 流浪

イメージテキスト/

目を覚ましたのはベッドの上だった。
朝なのか。
重い涙が一粒、頬を伝って枕に溶けてゆく。
さっきまで見ていた夢のせいだ。
毎夜のように襲ってくる悪夢は、やるせなさと残酷な光景をこの身にベッタリと塗りたくり、わたし一人だけを現実に放り出す。
「逃げられないよ。何もかも、お前のせいなんだから」
そうささやいて。

いつからだろう。朝というものを感じることができなくなったのは。
しらけた空気はただ虚しさを濃くするばかりで、泥のような疲労感以外は何もない。
闇夜の世界をわずかの間、太陽が通りぬけるだけじゃないか。
ただそれだけのことだ。
ほのかに明るい部屋の片隅にやさしい気配を感じたわたしは、ゆっくりと寝返りを打った。
カーテンの隙間から忍びこんだ日差しが一筋の線を描いている。
しかしそれは、わたしの指先よりずっと遠いところにあった。






YouTube様より転載


国内盤

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。


輸入盤(日本語パンフレットは付属しません)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
『コピーキャット』
ホリー・ハンター、シガニー・ウィーバー共演のサイコサスペンス。
だいぶ古い映画でして、サイコサスペンスやプロファイリングものの映画が流行した時期に公開された作品です。
当時、僕は高校生でした。そして無類の映画バ○でございました。
小遣いの大半を週末の映画鑑賞やレンタルビデオにつぎ込むほどです。
そんな矢先、ふと通りがかった映画館の前でポスターを発見します。

『セブン&コピーキャット二本立て 料金2000円』

キタゼ──(゚ 皿 ゚)──!!

入りましたよ。ええ、もちろん入りましたとも。
映画館主催のイベントということもあり、当日を逃したらもう後がありませんから。
「こいつァ、あした友達に自慢できるぜ!」
そんなやっすい考えを胸に秘めておりました。

総計5時間あるとも知らずに。

ケタ外れの疲労感と空腹と尻のシビレと精神的ダメージを背負い、映画館を出たときの夜空の重さが今でも忘れられませんorz

「5時間はムリだよう」
僕の映画格言が生まれた瞬間でした。

ちなみに『コピーキャット』のサントラはどこに行っても探せず、8年がかりでやっと入手──という俺ギネスの金字塔です。

この映画音楽の一部はテレビ番組「世界まるみえ~」のスリリング映像のBGMなどで、今でも転用されています。


コピーキャット──
『Copycat』は「模倣犯」「まねっこ」という意味があります。

セブン──
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン共演のサイコサスペンス。


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


もう一度だけ 『Never Meant To Belong』

実はかな~り遅咲きのブリーチファンの僕。
そのきっかけとも呼べる、ピンク色の心を持っていかれた至極の一曲です(^皿^)

仲間であるルキアを死刑から救うため、敵陣へ乗り込んだイチゴ(カタカナだと響き悪ィ_(_^_)_)、そしてこれを阻止すべく相対するレンジ(こっちも響き悪ィ_(_^_)_)。激闘の末に惨敗したレンジは負けてもなお立ち上がり、イチゴの胸座に掴み掛かりました。
血まみれのレンジは毒づきます。イチゴへの憎しみ、そして自分への叱咤。
そこで吐露されたのは自らの弱さでした。
幼馴染のルキアを救いたい、という強い願い。しかし自身の力量では到底かなわないという悲しい事実。
胸座を掴んだ手をそのままに、レンジは泣き崩れます。
「恥を承知でおまえに頼む……ルキアを救い出してやってくれ!」
列強の中で苦悩する彼にとって、宿敵に見せる涙は屈辱以外の何でもありません。痛々しくも切ないシーンでした。

……と、そのシーンで使われたのがこの曲です。
ピアノの伴奏を背に、スウッと浮き上がるヴァイオリンの音色がたまらなく切ない。ヴァイオリンは悲しみと無力さを語り、やがて抑えきれなくなっていく感情の奔流と痛烈な願いを、心の琴線が切れてしまいそうなギリギリのラインで細く、高らかに奏でます。


『Never Meant To Belong』BGM
アルバム「TV Animation BLEACH Original Soundtrack 1」より

症状/悲愴感 心の崩壊 届かない想い 沈みゆく夕日
成分/ヴァイオリン ピアノ シンセサイザー
分量/シンプル スロー(スピード) 序盤ピアノ 中盤からヴァイオリン 終盤ハイライト

イメージテキスト/
解っていた。自分には致命的に足りないものがあると。
判っていた。どう足掻いたって届かない世界なんだと。
それでも俺は諦めきれなかった。
あいつの、あのあったかい笑顔を知ってしまったから。
俺はがむしゃらに走った。
体なんかぶっ壊れてもいいと本気で思った。
どんな汚い手を使ってでも絶対に這い上がってやる。そう誓ったんだ。
雑魚と罵られても、負け犬と吐き捨てられても、今までずっと耐えることができた。
いつかみたいに「元気を出して」と言って笑うあいつに会えるなら。そう信じていたから。

涙。

俺の足をよこせと言うならくれてやる。それでも足りねえなら両腕もくれてやる。
側に居させてくれとは言わねぇ。俺を想ってほしいとは言わねぇ。
もう一度──あと一度だけでいい。あいつに──。
俺は……!




YouTube様より転載


国内盤(オリジナル)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



今日のネタバレ(^皿^)
『Never Meant To Belong』──
アニメのBGMでありながら、この曲は多方面で絶大な支持を受けています。
YouTubeでは様々なアーティスト(プロフェッショナル、アマチュア問わず)の方々が演奏に挑戦しているので、ぜひ一度チェックしてくださいまし(^-^)

イメージテキスト──
音楽には、タイアップ作品と天性の相性をもつものが多々あります。
この曲はこのシーンのために生み出された。
この曲はこのメッセージを痛いほどにまっすぐ表現している。
……といったものです。
当曲はまさしくその一つだと感じました。よって、曲が訴えてくるものをそのままイメージテキストに反映させております。
テキスト内容と実際のシーン内容が似ていますが、BLEACH劇中のレンジの心境に基づくものではありません。これからBLEACHを読まれる方は誤解の無きようお願いいたします。レンジはもっと純情で正々堂々としたツンデレ青年でございます!(こっちの方が誤解を招きそう?)

BLEACH──
僕はテレビアニメ版のソウルソサエティのイチゴ対レンジ戦から、ウェコムンドのイチゴ対グリムジョー戦決着まで見ました。コミック版は読んでいません。網羅したわけではないので詳細は割愛させていただきます。
僕的キャラクターランキングは1位グリムジョー、2位ホロウ化イチゴ、3位イッカク、4位ケンパチ、5位ランギク姉さん、6位ワンコ面隊長の次席のダイビング土下座ヤクザ(名前がわかりません)です。


当記事では、音楽を以下の構成でご紹介しております。
症状/その曲からイメージできる雰囲気、単語。
成分/曲の中で中核となる音。および気になる音。
分量/曲全体のおおまかな構成。特徴。
イメージテキスト/その曲を聴いて、僕が想像した言葉。短文。
これらはイメージの強要ではありません。
色とりどりの音楽を皆様の創作にお役立てくださいませ_(_^_)_


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。


あなたは今 『i do』Ilaria Graziano



菅野よう子さんの曲が大好きな僕。
攻殻機動隊シリーズも大好きな僕。
その中の『攻殻機動隊S.A.C.』セカンドシーズンからのご紹介です。

見た?

見た?

劇中でこの曲が流れるシーン……泣いた奴は手ェ上げろ

僕は泣いたぜ! そりゃあもうメソメソ泣いたぜ!

「おまえ……鶴を折れるか?」

……

(TдT)


『i do』Ilaria Graziano
「攻殻機動隊Stand Alone Complex O.S.T. 2nd」より

症状/切ない思い出 ずっと忘れようとしていたもの 静寂 雪 ぬくもり
成分/女性ヴォーカル ピアノ(温かい音色)
分量/スロー(スピード)

イメージテキスト/
車輪がレールをたたく気配。
それ以外は何もない、人気のない車両。

その女性はどこかへ行こうとしているのか、それとも帰ろうとしているのか。
暗い雪景色を見つめる瞳は遠い。
瞼はただ、まばたきを繰り返し、頬杖はただ頬に添えられているだけ。
離れた席にいたぼくは息を潜めて、その様子を見つめていた。

あなたは今、何を思っているんですか?
あなたは今、誰を想っているんですか?
ぼくは心の声で問う。

女性の瞳から一粒の涙がこぼれ落ちた。




YouTube様より転載

国内盤(オリジナル)

ジャケット画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。「Amazon.co.jpで買う」をクリックすると一気にカート画面へ飛んでしまいますのでご注意ください。



「切ない思い出──特に、今ではどうしようもない過去を想う」というイメージが強かった曲でした。それと「雪」「ぬくもり」。
これは余談ですが──
元来、僕はなんでも詳しく書きたくなる性分です(笑)
この曲のイメージテキストは20行前後ありました。
だけどCDをくりかえし聞きながら推敲を行ううち、この曲はあるメッセージを投げかけてきたのです。
「多くを語らないほうがいい」と。
ちょっと不思議な経験でした(^.^)



今日のネタバレ(^皿^)

「おまえ……鶴を折れるか?」──
攻殻機動隊S.A.C.シリーズは、原作、押井守監督作品とは別個の作品になっています。
後者の二作品では主人公、草薙素子の素性は語られませんでしたが、S.A.C.シリーズで初めてその生い立ちの断片が提示されています。
特に2ndシーズンでは草薙素子が全身義体化(義体とは義手、義足の類義。脳以外の全身を補完できる機械の体。劇中用語)するに至った経緯に触れられており、彼女の生前(ここでは素子がまだ生身の人間だった頃のこと。全身義体化後、彼女は何らかの理由によってその存在事実を抹消されています。)、最後の時間を共に過ごした人物が登場します。
上記はその鍵となるセリフです。


僕の音楽紹介は原曲の歌詞、タイアップ作品の内容を一切無視した、僕独自のイメージを文章化したものです。曲本来の意義を損なっている場合がありますのでご注意ください。あくまで個人の見解であることをご理解ください。
僕の文章内容と、歌詞およびタイアップ作品がリンクする場合があります。その場合、それだけ原曲がシーン内容やタイアップ作品にマッチしたものだと解釈してくださいませ(^_^)
イメージテキストは、曲のイメージを皆様に強要するものではありません。あくまで皆様に興味を持ってもらうための参考と、僕個人の鍛錬のために執筆しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。